湖でのスケートで氷が割れて4人水没

過去2日間で、バンフ国立公園のミネワンカ湖でスケートを楽しんでいた4人が氷が割れて湖に落ちました。

3人は自己救助、1人は救助レンジャーに救助されました。

バンフ国立公園管理事務所によれば、天然の湖の上でのアイススケートは、湖の氷の厚さを注意深くチェックし、氷の厚さが短期間ででかなり変化することを考慮に入れなければなりません。

セルフレスキュー用の道具(ライフジャケット、ロープ、ピッケル)を用意しておくと、氷の厚さが不明な場合、非常に役立ちます。

アイススケートをするには厚さが最低、15cm必要です。