お気軽サバイバル生活、コロンビアリバー1日目

カナディアンロッキーを源にアメリカのワシントン州とオレゴン州の境目まで約2000キロ流れる川

コロンビア・リバー

その源のコロンビアレイクからほど近いインバーミアーと呼ばれるリゾート地からラジウム温泉までの約15キロかけて下る

インバーミアーのある場所ではコロンビア川の幅が大きく湖となる

湖畔には大きな別荘が数珠つなぎに並び、週末はカナダ第4の都市「カルガリー」の人々で溢れかえる

湖畔にある、ボートランチから我々は出発した

最初の数キロは浅い湿地のようになっており多くの動物が見られる

水温が高く魚も多いので水鳥たちの宝庫だ

ハクトウワシやスプレイが水面に向かってハンティングする様子を頻繁に見ることができる

途中からトビークリークと呼ばれる川が合流する

トビークリークは氷河の溶け水だ

真っ白に濁り、トビークリークの水にカヌーの船体を入れると「サーッ」っと音がする

氷河が岩盤を削りながら進むのでその溶け水には「シルト」と呼ばれる細かい岩の粒子が含まれている

トビークリークの水がコロンビア川に入ると川全体が濁るのであまり魚は釣れなくなる

魚からエサが見えないのだ

漕ぎだしたのが午後5時である、私たちは砂州を見つけると早々とキャンプの支度をした

緯度が高いので夜の10時まで日が沈まないさすがカナダ・・・・

けんじ